About
私たちについて

運営目的

  • 1 アジアの紙加工メーカが集い、紙加工技術や生産性向上のための知恵を出し合い、研究を行う
  • 2 紙加工の新しい技術開発、商品開発、用途開発を行う
  • 3 製品、ソリューションなどを研究開発し、業界にイノベーションを起こす
  • 4 多くのメンバーが参加することで、アジアの紙加工の中心的コミュニティになる

入会特典

入会特典

APCS概要

名称 アジア紙加工研究会(略称:アジ研) APCS
活動内容 ・紙加工技術のメール配信(月1回)
・紙の最新情報配信(週1回/Facebook)
・会員同士を紹介
・各国で定期的な勉強会を開催
・展示会への共同出展
活動内容の詳細を見る >>>
参加条件 製紙、紙加工、紙代理店など、紙に関わる業務を行っている企業・個人
紙を使用している、紙に興味がある企業・個人
大学、高校などの教育機関、研究機関、団体等
会員数 75社(2020年 9月時点)
日本,タイ,ベトナム,インド,カンボジア,台湾 etc
会費 入会費、年会費等 無料
入会方法 入会フォーム、またはメールにて受け付けます
入会フォームから申し込む >>>
E-mail:info@nakayama-shouji.jp(担当:中山裕一朗)
主催・運営 中山商事株式会社/代表取締役社長 中山裕一朗
〒910-0804 福井県福井市高木中央2-509
TEL:0776-53-8000 FAX:0776-54-4793
http://www.nakayama-shouji.jp
E-mail: info@nakayama-shouji.jp

Profile
主催者について

中山商事株式会社 中山 裕一朗(なかやま ゆういちろう)

創業93年 老舗紙加工メーカー 中山商事(株)3代目社長。
東京理科大学卒業後、旧財閥系総合商社に入社。シリコンバレーで開発された特殊半導体を輸入販売。その後、外資系ITベンチャー企業(人工衛星を使ったデータ通信事業)を経て現職。

様々な経営革新に取り組み、県の「新事業フロンティア・コンテスト」でグランプリ受賞。「新分野展開スタートアップ支援企業の認定」など多くの経営革新に関する賞を受賞している。
紙製知育玩具「きょうりゅうしょうぎ」,紙製キッチングッズ「おいしいキッチン」を商品開発し、日本全国の百貨店,玩具店,書店で販売。仁愛女子短期大学と産学連携し「就活女子ノート」を開発。福井市が主催するビジネスプランコンテストで準グランプリ受賞。

日本全国の商工会議所,青年会議所などで、これまで3,500人以上の経営者に中小企業のV字復活や商品開発,経営革新の講演をおこなっている。
また、タイ・バンコクの泰日工業大学,ベトナムの越日工業大学,日本の横浜国立大学,福井大学などでも学生,MBAコース向けのゲスト講師として授業をおこなっている。

著書『「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法』(フォレスト出版),

タイで出版:タイ語版『「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法』(BOOK TIMES社)

紙・包装の業界誌2誌(「紙パルプ技術タイムス」,「カートンボックス」)に毎月連載を執筆中。くわしくは中山裕一朗の活動紹介ページへ >>>

主催者について